無料のタブレット

小学2年生に対応したタブレット学習システムの比較とおすすめのタブレット学習を紹介します。

 

小学2年生のタブレット学習ランキング

小学2年生向けのタブレット学習ランキングです。

 

第一位:スマイルゼミ

小学二年生のタブレット学習で一番おすすめなのはスマイルゼミです。

スマイルゼミをおすすめする理由は、国語、算数、英語に加え、プログラミングも学習できます。

プログラミングは今後必要性のある教科ですので早いうちから学習しておく方が良いかもしれません。

 

資料請求⇒◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

 

第二位:進研ゼミ

進研ゼミはスマイルゼミに近い国語、算数、英語が学習できるタブレット学習ですが、プログラミングができないため、二位にしました。

しかしプログラミングは必要ないとお考えの親御さんにはおすすめのタブレット学習です。

 

資料請求⇒【進研ゼミ小学講座】

 

第三位:デキタス

デキタスは城南予備校が提供しているタブレット学習です。

小学2年生では国語、算数、英語、生活の4科目が学習できます。

しかし、わずかですが利用料金が高く、月額料金は3000円となっています。

また、プログラミングコースがありません。

そのために3位とさせていただきました。

しかし、城南予備校が開発した学習システムですので、チェックしておいて損はないと思います!

 

公式サイト⇒小中学生対象の通信教育【デキタス】誕生♪

 

第四位:学研タブレットゼミ

学研タブレットゼミは利用料金が安いメリットがありますが、デメリットとして国語と算数しか対応していません。

ですので、とりあえず安い料金でタブレット学習を利用したい方は学研タブレットゼミをチェックしてみましょう!

 

※学研タブレットゼミは2020年3月30日に終了します。

 

公式サイト⇒学研タブレットゼミ

 

小学2年生に対応したタブレット学習システムまとめ

まず、小学2年生に対応したタブレット学習システムについてまとめてみました。

 

進研ゼミ

進研ゼミは小学生から高校まで利用できるタブレット学習を提供しています。

小学2年生の場合、国語、算数、英語の3教科をタブレットで学習できます。

 

対応タブレット端末

進研ゼミではチャレンジタッチというタブレット学習を提供しています。

専用のタブレットを利用して学習するシステムです。

また、進研ゼミの場合、通常価格14800円の専用タブレットが、6か月継続利用でタブレットが0円になります!

 

学習対応科目

進研ゼミでは小学2年生向けに以下の科目をタブレット一台で学習できます。

  1. 国語
  2. 算数
  3. 英語

 

利用料金

進研ゼミでは12か月の一括払い、6か月の一括払い、一か月ごとに支払う月払いが用意されています。

12か月分の一括支払いだと1月あたり2705円で利用できます。

12か月払い 6か月払い 月払い
1年生 2705円 3014円 3343円
一括支払い 32460円 18084円

 

進研ゼミのメリット

  • 6か月以上の利用で専用タブレットが実質無料
  • 国語、算数、英語の3科目に対応
  • 月額2705円から

 

無料資料請求

進研ゼミでは無料資料請求が可能です。

それぞれの学年のサイトをチェックしてください。

 



 

スマイルゼミ

スマイルゼミは小学生、中学生を対象としたタブレット学習システムです。

そのため、小学生から中学生まで継続して利用できるメリットがあります。

スマイルゼミはタブレット学習ですが、専用の端末を利用するため無駄なゲームやネットに利用することができません。

また、スマイルゼミの特徴はタブレットに書いて覚えるという昔ながらの方法で学習できます。

動画を見るだけ、タッチするだけではなく、自分で書いて覚えることができます。

さらに、スマイルゼミでは特別クラスも用意されているため、個人の実力にあった学習ができます。

 

対応タブレット端末

スマイルゼミでは専用のタブレット端末を用意しています。

スマイルゼミを1年間継続利用を前提とした価格9800円で購入できます。

ちなみに、6か月以上、12か月未満で退会した場合は専用タブレット代金6980円が請求され、6か月未満で退会した場合は専用タブレット代金29820円が請求されるのでご注意ください。

 

学習対応科目

スマイルゼミでは小学2年生向けに以下の科目をタブレット一台で学習できます。

  1. 国語
  2. 算数
  3. 英語
  4. 英語プレミアム
  5. プログラミング
  6. 発展クラス

 

教科書対応表

スマイルゼミが対応している教科書の対応表です。

国語 光村図書、東京書籍、教育出版、スマイルゼミ標準コース
算数 東京書籍、学校図書、啓林館、日本文教出版、教育出版、大日本図書、スマイルゼミ標準コース

※小学校独自の教科書や個別の進め方には対応しておりません。

※私立小学校は進度が異なる場合があり、対応しておりません。

 

利用料金

スマイルゼミは固定の月額制ではないため、金額が表示できません。

スマイルゼミの利用料金は公式サイトにて利用科目から利用料金のシミュレーションができます。

まずは公式サイトにて利用料金のシミュレーションをしてみましょう。

 

スマイルゼミのメリット

  • 国語、算数、英語に加え、プログラミング講座も利用できる
  • プログラミングはスマイルゼミだけ
  • 教科書に対応した学習内容

 

無料資料請求

スマイルゼミは無料資料請求ができます。

無料資料請求で実際に利用されたお子さんの体験談や、タブレットを実際に要したときの様な体験ができるパンフレットが提供されています。

 



 

デキタス

デキタスは城南予備校などを運営する株式会社城南進学研究社が提供しているタブレット学習システムです。

デキタスは授業⇒○×チェック⇒基本問題⇒応用問題⇒復習という流れで勉強していく学習システムです。

 

対応タブレット端末

対応
iPad
android
Windows

対応端末のOS情報は公式サイトで確認してください。

また、ブラウザは最新のものにアップデートを推奨しています。

 

学習科目

デキタスが対応している学習科目は国語、算数、生活、英語の4科目です。

 

対応教科書

デキタスが対応している教科書は以下の通りです。

小・中学校国語と、小学校英語は標準版を採用しています。

科目 出版社
国語
算数 学校図書・教育出版・啓林館・大日本図書・東京書籍・日本文教出版
理科 学校図書・教育出版・啓林館・大日本図書・東京書籍・信州教育出版
社会 教育出版・東京書籍・日本文教出版・光村図書
せいかつ 学校図書・教育出版・啓林館・大日本図書・東京書籍・日本文教出版・光村図書
英語

 

利用料金

デキタスの利用料金は月額3000円で4科目利用できます。

 

デキタスのメリット

  • 城南予備校が運営するタブレット学習システム
  • 教科書に沿った学習が可能
  • 国語、算数、生活、英語の4科目に対応
  • 月額3000円のみ

 

無料体験

デキタスは無料体験を実施しています。

お子さんに動画を視聴してもらい、分かりやすさ、勉強のしやすさなどを体験してもらう事をおすすめします。

 



 

学研タブレットゼミ

学研タブレットゼミは学研が提供するタブレット学習システムです。

学研タブレットゼミは2年生の場合、国語と算数の二教科のみ対応しています。

しかし、学研タブレットゼミは月額900円で利用できるタブレット学習ですので、低価格で利用したい方におすすめです。

※学研タブレットゼミは2020年3月30日に終了します。

 

>公式サイト

 

算数専用タブレット学習RISU

タブレット学習の中でも算数専用のタブレット学習の「RISU」があります。

「RISU」は自分に合った計算力をアップさせるために作られています。

ですので、初めは小学一年生からの問題から始まり、計算間違いが多い計算式から学習を始めます。

もし小学3年生でも小学2年生の問題ができなければ、そこから学習を始めることになります。

つまり、学年別の算数ではなく自分の学力に合った算数から始めることになります。

間違った問題は再度復習を行うことで、分かるまで学習することができます。

「RISU」は全部で10000問以上用意されています。

算数の学力を向上させたいお子さんにおすすめのタブレット学習です。

 

>>実際に利用してみました

 

おすすめポイント

  • 算数専門のタブレット学習
  • 学力に合った問題から始められる
  • 合計10000問以上
  • 算数の実力を確実の伸ばしていける学習システム

 

1週間お試し体験キャンペーン

リス算数お試しキャンペーン

リス算数では、実際にタブレット学習を体験できるキャンペーンを実施しています。

ただし、クーポンコードが無いとキャンペーンが適応されないようです。

ですので、必ずクーポンコードを最後に入力しましょう!

 

クーポンコード:「te07a」

 

>公式サイト

 

まとめ

小学2年生のお子さんには国語と算数の二教科が必須の学習項目になります。

また、今後の事、小さいうちから覚えておきたい英語が学習できる方がメリットが大きいと思われます。

さらに、小学2年生の場合、今後小学校高学年、さらに中学校までタブレット学習を利用することも考えると、小学校、中学校、高校までを見据えてタブレット学習を選ぶことをおすすめします。

まずは無料体験や資料請求などでお子さんに実際に体験させることも重要だと思います。

学習するのはお子さん本人ですから、お子さんの意見も重要ではないでしょうか?