無料のタブレット

小学生、中学生、高校生で、ケガなどで入院する時期もあると思います。

風邪で学校を休むくらいなら授業の進み具合にあまり影響はないと思いますが、入院となると話が別です。

入院してしまうと授業の遅れを取り戻すには、それなりに勉強しなければいけません。

そこでおすすめしたいのが、タブレット学習です。

タブレット学習なら、教科書に沿った勉強ができるので入院中の勉強も遅れを取らずに学習できます。

 

入院で勉強が遅れてしまう

入院と言っても、2、3日程度のものから数か月となる場合もあります。

入院期間によっては完全に学校の勉強から遅れをとってしまう可能性もあります。

そうなると、お子さんも学校の復帰後に勉強で困ってしまう可能性が十分あります。

かといって、病院で勉強を教えてくれることは無いため、自主学習をしなければいけません。

とはいえ、なかなか教科書を読んで自分だけで勉強するのは勉強が好きなお子さんでなければ難しいことです。

そこで、タブレット学習が入院中のお子さんにおすすめな理由を紹介したいと思います。

 

教科書に沿った学習内容

タブレット学習の多くは、学校の教科書に沿った内容を学習できます。

また、学校と同じように授業を受けているように動画の学習もありますので、授業を見てから問題を解きたい方には動画中心のタブレット学習がおすすめです。

 

余裕があれば更に先行学習も可能

入院中に余裕があるお子さんの場合、学校で習う範囲の先行学習も可能です。

学校で勉強している授業の先を学習してしまうこともできます!

 

タブレット学習の注意点

入院中のお子さんにタブレット学習をおすすめしましたが、入院中にタブレット学習を利用する際に注意することがあります。

そこで、入院中にタブレット学習を利用する際の注意点について紹介します。

 

Wi-fiの利用の可否

タブレット学習を利用するためにはインターネット環境、wi-fiを必要とします。

しかし、wi-fiは病院で利用できるかどうか?は病院によって異なります。

ですので、入院の際にwi-fiが利用できる病院なのかどうか?を確認しなければいけません。

万が一wi-fiが利用できない場合には利用を諦めなければいけないことになります。

まずはタブレット学習を利用する前に、入院している病院でwi-fiを利用してよいのかどうか?を調べておかなければいけません。

また、wi-fiが利用できるとしても、ポケットwi-fiなどを別途契約しなければいけない可能性が大いに考えられます。

 

入院期間と利用期間

次に、入院期間によってタブレット学習を利用するべきかどうか?考える必要があります。

例えば、1か月入院することになったお子さんのために、6か月継続しなければいけないタブレット学習では無駄な費用が掛かってしまいます。

確かに、入院の際にタブレット学習を始めるのであれば、費用も無駄になりませんが、長期利用を見越して作られているタブレット学習では無駄になってしまいます。

そこで、短期だけ利用できるタブレット学習を紹介します。

また、入院を機にタブレット学習を始めてみたい方は当サイトのトップページをご確認ください。

 

これから始めたい方はこちらをチェック⇒タブレット学習比較ランキング

 

短期学習を考えている場合

短期だけタブレット学習を利用したい方におすすめのタブレット学習を紹介します。

 

スタディサプリ

スタディサプリは授業動画を中心としたタブレット学習です。

スタディサプリは専門講師が熱い授業を動画で視聴できます。

また、スタディサプリは1か月でも2か月でも好きな期間利用できるため、お子さんが入院中だけ利用して、退院後は解約することもできます。

短期でタブレット学習を利用したい方はスタディサプリをチェックしてみましょう!